子育てパパのインテリア日記

子育てパパによる快適な生活のためのインテリア・DIY日記

ベビーチェアはトリップトラップ以外の選択肢も


スポンサーリンク

トリップトラップじゃなくてもいいじゃない。子育てを始めたばかりの自分にはそう伝えたい。

子育て情報誌にはトリップトラップがデカデカと載っているし、オシャレなインテリアショップにはしばしばカラフルなトリップトラップが置いてある。少子化が進み、親も子供にはいいものをと思いがちなのもあるだろうし、調整すれば長い間使えるからと納得してしまいがちな調節機能・耐荷重もそれを後押ししているのだろう。

自分もまさにそれらに乗せられた感じだった。大好きな子供達のために二脚購入し、なんの不満もなく約2年が経過。訳あってダイニングテーブルを新調したところ、トリップトラップの色がマッチせず、買い換えをすることに。

トリップトラップは二脚で約六万円。前の二脚と合わせて12万円なり。色が合わないからという理由だけで、自分を納得させることが出来る価格であるはずもなく、結局類似品を購入するに至った。その名は「笑顔のダイニングベビーチェア」。

決してオシャレとは言い難い名前と破格の価格(6000円以下)。トリップトラップとの格差がはんぱではなく、購入の決断まで時間を要した。

その商品の組み立て後が姿がこちら。

f:id:IKUJIN:20170623234213j:plain


なんだ思いの外、いい感じではないか。

トリップトラップと比べると確かにトリップトラップの方が座面がシンプルだし、ネジも黒で目立たないし、部材も肉厚で重厚感があるのは事実である。が、それ以外はほぼほぼトリップトラップなので(笑)、この価格ならば買いではなかろうか。

f:id:IKUJIN:20170623234315j:plain

f:id:IKUJIN:20170623234329j:plain

トリップトラップは7年保証がついているものの、そう壊れるものでもないし、そもそもこれなら新品を5個も6個も買える価格。むしろ、子供用品は汚れや傷がつきやすいから、修理するより新品に買い換える方がメリットがあるであろう。

なぜ初めからこれにしなかったのだろうか。色々なものに乗せられてトリップトラップを購入した過去の自分に言ってやりたい。それは自己満以外の何者でもないと。

以上、いい意味で裏切られたこの商品の良さを、これから子供用の椅子を買おうと考えている方々にお送りしました。値段高くてもシンプルでオシャレな方がいい方は、是非トリップトラップを。トリップトラップならものがいいのは間違いないので失敗はないと思います。


ちなみにトリップトラップは二脚ともメルカリで15000円強で売れました。売ることも考えれば実質15000円というところでしょうか。それでもこの「笑顔のダイニングベビーチェア」は3台買えちゃいますが。

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ